UQ応援割の締め切りは5月31日まで!詳細

くりこしプラン 5Gに変更して感じたメリットとデメリット【体験談】

9月2日に新プラン「くりこしプラン 5G」がリリースしました。今回は、実際にくりこしプラン5Gにプラン変更した管理人が感じてる

メリットとデメリットについて

お話しをしていきます。

UQモバイルを契約中で、くりこしプラン 5Gへのプラン変更を考えているユーザーは最後までご覧ください。

忖度抜きで感じたことを伝えます

目次

くりこしプラン 5Gへプラン変更するデメリット5選

まずは、デメリットから紹介。何事も良い面、悪い面がありますが何を優先に考えるかはあなた次第です。

① 適用終了する割引サービスが多数

カスタマーセンターやMyUQモバイル(マイページ)でプラン変更する場合、当面は5Gプラン用SIMカードが契約先住所に発送されます。

SIMカードが届き回線切り替えして、くりこしプラン+5Gが適用されることで適用終了になる割引サービスが多数あります。

>>適用終了になる割引サービスやキャンペーン

家族割やUQ学割など様々な割引が適用終了します‼︎

② 【重要】プラン変更前のデータ容量を引き継ぎできない

「旧プラン」から本プランへ契約移行する場合、旧プランの各種データ容量(くりこし分/月間データ容量/追加購入データ容量)の引継ぎは行いませんが、月の途中に本プランへ契約移行する場合も、本プランの月間データ容量をご利用いただけます。

引用元:UQモバイル公式ホームページ(くりこしプラン+5G概要)

まず、旧プランは以下の料金プランの総称とご認識ください。

旧プランとは?
  1. データ高速+音声通話
  2. データ無制限+音声通話
  3. おしゃべりプラン
  4. ぴったりプラン
  5. スマホプラン
  6. くりこしプラン

例えば、あなたがスマホプランを利用していて追加データを50GB所持しているとします。くりこしプラン 5Gに申し込みをした場合、SIMカードの回線切り替えをしたタイミングで

追加データの50GBは全て消失します。

くりこしプラン+5Gの基本データ量以外は引き継ぎされません

③ 【家族割の親回線向け】家族割の解約、もしくは親回線変更をする必要がある

家族割親回線の契約をくりこしプラン 5Gに変更を試してもエラーが表示されます…

デメリットというより手間がかかる内容です。エラー表示を解消する為には、以下いずれかの手続きが必要です。

手続き
家族割の親回線変更(お客さまセンター問い合わせ or MyUQモバイルで手続き)

① 親回線の変更手続きをする(翌月に適用)
② 翌月以降にくりこしプラン+5Gへ変更する

手続き
家族割の解除(お客さまセンター問い合わせ)

① 家族割の解除手続きをする
② 手続き完了後にくりこしプラン+5Gへ変更する

子回線の割引は解除手続き「当月まで」適用される

④ auPayのかんたん決済チャージ額が減額

UQ長期利用ユーザーは、かんたん決済の上限が50,000円です。50,000円丸々がauPayのかんたん決済チャージに利用ができていました。

しかし、くりこしプラン+5Gへ切り替えした途端にかんたん決済チャージの上限が5,000円に下がりました。かんたん決済の上限は50,000円のまま。

auPayのかんたん決済チャージを5,000円以上しているユーザーは要注意

契約期間が伸びれば上限はあがる可能性があるとのこと(コールセンター回答)

⑤ 節約モードで速度低下の声が多数(バースト機能が無くなる)

5Gプラン変更後から節約モードで速度低下の声が多数

節約モードでの利用メインのユーザーは、5Gプランへの変更は見合わせるのが得策かも知れません。UQでは、低速時でも通信開始時の3秒だけスピードが出る機能があります。

しかし、5Gプランはバースト機能に対応していません。

通信速度を求めて現在のプランを利用するか、節約モードの速度低下は覚悟のうえで5Gプランへ変更するかの2択です。5Gプラン変更後に元のプランに戻すことはできません。

自宅セット割の手続きの為に、プラン変更を検討するユーザーも多いと思います。でんきコースに申し込み希望で、くりこしプランの利用ユーザーは5Gプランに変更する必要はありません。

▽ でんきコースの申し込みについて

▽ インターネットコース先行キャンペーンの申し込みについて(5Gプラン対象)

くりこしプラン 5Gへプラン変更するメリット3選

続いては、くりこしプラン 5Gへプラン変更するメリットを解説します。新プランを対象としたキャンペーンや割引サービスがスタートします。

メリット3選
  1. データ容量の増量
  2. 自宅セット割のスタート
  3. eSIMの取り扱い開始

① 最大5GBのデータ容量を実質無料で増量できる

増量オプションIIに初回加入することで「増量オプションII 月額料金12か月無料キャンペーン」が自動適用される。料金プランによって最大5GBのデータ容量を増量できる。

データ増量は自動付与なので手動で操作をする必要はありません。

② 自宅セット割を適用して最安値990円/月〜

UQモバイル くりこしプラン5G メリット デメリット
引用:UQモバイル公式ホームページ

でんきまたは、インターネットとセットにすることでUQモバイルの月額料金に割引が適用されます。対象プランは「くりこしプラン+5G」に限ります。

少しですが掘り下げて内容を解説していきます。

でんきコース
  • UQでんきもしくは、auでんきを契約中
  • 専用フォームでの申し込み必須
  • 複数契約に割引適用したい場合は契約ごとの申し込みが必要
インターネットコース(ただいま先行キャンペーン期間)
  • ネット+電話、ネット+テレビサービスを契約している
  • 対象のインターネットサービスを利用(コチラから)
  • 契約ごとの申し込みが必要
  • 専用フォームでの申し込み必須

先行キャンペーンの割引は2022年1月利用分まで適用‼︎

「でんきコース」に限り、くりこしプラン(新規受付終了)でUQでんきやauでんきを契約していれば申し込みは可能。

注意点ですが、くりこしプラン(新規受付終了)を複数回線使っている場合は専用フォームからの申し込みに加え、家族割を組む必要があるので忘れずに。

③ UQモバイルでもeSIMの取り扱い開始

eSIMとは,スマートフォンに内蔵された本体一体型のSIMのこと。プロファイルと呼ばれるデータをダウンロードして通信通話を利用することができる。

メリットはオンラインで開通手続きができるので、SIMカードの配送時間を待ったり挿入作業の必要がありません。

SIMカードを無くすリスクがありませんね

ただし、どんな機種でもeSIMが利用できる訳ではないので要注意です。

【eSIM対応機種】
UQモバイル公式ホームページ参照

SIMフリーモデルのiPhoneXs以降の機種やauモデルのiPadシリーズも対応‼︎

\対応機種を利用中のあなたはコチラ!/

まとめ:デメリットを上回るメリットがあればプラン変更をしよう

くりこしプラン 5Gに契約内容を変更した場合の、メリットとデメリットを挙げてみました。ユーザー各々で大切にしているポイントがあるはずですが、参考にしていただけたら嬉しいです。

チェックポイント

① プラン変更前のデータ容量は引き継ぎ不可
② 適用終了になる割引サービスあり
③ 増量オプションIIに初回加入でキャンペーン適用
④ 自宅セット割を活用すれば最安値が税込990円/月〜

最後に、くりこしプラン 5Gに変更すると元々の料金プランに戻すことはできないので
よく考えて手続きするかを判断しましょう。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる