UQ応援割の締め切りは5月31日まで!詳細

【盲点】UQの端末代金を簡単に確認できる方法をお伝えします

料金シュミレーションとオンラインショプの端末販売価格が違います。正しい端末販売価格が知りたいです。

公式ホームページの料金シュミレーションと、公式オンラインショップの端末販売価格の表記が全く異なっています。

ユーザー目線からすると「どちらが正しい金額なのか」と確認したいところですが、カスタマーセンターは繋がらないことが多いです。繋がるまで待つ時間も勿体無いです。3分以内で、端末販売価格が確認できる方法をお伝えします。

この記事で分かること

① カスタマーセンターに頼らず簡単に端末販売価格を確認する方法
② 手続き種別によって端末販売価格が異なる

目次

公式オンラインショップの端末販売価格は非常に分かりにくい

引用:UQモバイル公式オンラインショップ

早速ですが、注目‼︎の部分を確認してみましょう。

表示されている端末価格はMNPでご契約かつくりこしプラン +5G(M/L)のいずれかを選択した場合の金額です。

手続きの種類には、「新規」「MNP(乗り換え)」「機種変更」の3つがあります。

「新規」や「機種変更」など引用文の条件に当てはまらない場合は、端末販売価格が異なります。

では、どうやって端末販売価格を確認すればいいか?をお伝えします。

UQの新プランで契約する場合の端末代金は価格一覧表を使って確認

UQ公式オンラインショップでの申し込みに限った価格一覧表が見やすい

UQモバイル公式ページ内に料金シュミレーターがあります。

実際の端末の販売価格と相違しているので、シュミレーターを使わずに端末価格一覧表を確認することをオススメします。

価格一覧表を使うメリット
  1. 簡単に端末価格が確認できる
  2. iPhone/Android別で確認が可能
  3. カスタマーセンターに問い合わせの必要無し

シュミレーターとオンラインショップで端末価格が違うと思ったユーザーの皆さま…
正しいのはオンラインショップです‼︎

>>端末価格一覧表はコチラ

「新規」「MNP」「機種変更」で割引額は全く異なります

UQは新規契約と機種変更で端末販売価格が異なる

端末の割引額がいいのは?

① MNP(番号乗り換え)
② 新規(新規発番)
③ 機種変更

他社からの乗り換え(MNP)で、くりこしプランM(もしくはL)が端末の値引き額が大きいです。

新規も、機種変更に比べたら値引き額は高いですが乗り換えユーザーに優しいですね。

新規とMNPの手続き申し込みを間違わないように注意

端末代金の支払いは分割(24回、36回、48回)と一括払いがあります。

分割支払いは、審査結果によって希望に添えない場合があるので予め認識しておきましょう。

\端末とSIMをセット申し込みできる/

【注意】端末販売価格は公式オンラインショップと店舗で違う場合あり

結論からお伝えしますと、オンラインショップと店舗は端末販売価格を同じにしないといけないルールはありません。

店舗ごとに若干販売金額が違うことがあります。

例えば、ヨドバシカメラでは3万円で販売していた端末がビックカメラで3万5000円で販売していたとか。

端末価格を優先するか、店舗契約を優先するかはあなた次第….

(余談ですが、管理人は店舗スタッフのセールストークが苦手なので通信契約はオンライン一択です)

まとめ:公式オンラインショップ経由で申込する時は価格一覧表で端末代金を確認

価格一覧表を利用するメリット

① 「新規」「MNP」「機種変更」毎に端末価格を確認できる
②  分割の場合、支払い回数に応じた価格も記載
③  カスタマーセンターに問い合わせる必要無し

>>端末価格一覧表はコチラ

不定期に、端末の価格が改定される場合があります

公式ホームページの料金シュミレーションは利用せずに、価格一覧表を使って気になる機種の販売代金を確認しましょう。

\新規とMNPで端末代金は異なります/

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる